女性

フェイスリフトや二重にする施術|湘南美容外科でコンプレックス解消

刺青を除去する

女の人

タトゥーを除去する際には

従来に比べ、若い人を中心におしゃれ感覚でタトゥーを入れる人は増えています。そのデザインも人を威圧するようなものではなく、ポップで可愛らしいものも増えていますし、東京や大阪などの大都市ではだいぶ敷居は低くなっているといえるでしょう。しかし、昔の刺青への差別ほどの偏見はないものの、スポーツジムへの入会を断られたり、結婚の際に刺青除去を条件にされたり、子供ができて学校へ入学するのを機に刺青除去を考える親も多いようです。その他にも、タトゥーを掘る時点で痛みに耐えられず、中途半端に残ったタトゥーを消したいというケースもあります。しかし、タトゥーは掘るときよりも除去するときのほうが痛いと言われることもあり、痛みが心配な人も多いようです。

痛みの少ない除去

刺青除去はレーザーによる施術が中心で、痛みを伴うものでした。しかし、従来のレーザーは黒や茶色といった濃い色には効果がありましたがカラーには効果が薄く、5回から10回施術を受けてもカラーの部分はぼんやりと色が残ってしまうことがほとんどでした。また、カラー刺青の場合はメスをつかって皮膚を切除したり、皮膚移植をしたりといった、跡の残ってしまう治療法を勧められたりもしていました。しかし最近では、刺青除去用レーザーの質も上がり、3回から5回程度の照射で黒色だけでなくカラー部分もほとんど除去できるピコレーザーというレーザーが普及しています。大阪には、この新型レーザーを使っているクリニックが多くあります。きちんとした医師のいるクリニックを選ぶためにも、ネットをつかって事前に評判のよいクリニックを調査しましょう。東京に多くのクリニックがありますが、大阪近郊に住んでいる人には大阪限定のランキングもあります。