女性

フェイスリフトや二重にする施術|湘南美容外科でコンプレックス解消

美しい乳房を再び

鏡を見る人

癌によって失った胸を取り戻す治療

もしも乳がんだと診断され、その切除のために乳房にメスを入れなければならなくなったとします。他の部位のがんであれば、傷が残っても健康な体を取り戻すためならば諦めはつきますが、女性にとって胸がなくなるということは想像以上に大きな傷ではないでしょうか。がんでどうしても乳房を切除しなければならなくなった場合、乳房再建という方法をとることができます。乳房再建には主に、人工乳房を用いる方法と自分自身の体の脂肪や筋肉を移植するという方法、そしてその二つを組み合わせる方法があります。どの方法が取られるかは手術の大きさによります。乳がん手術と一緒に乳房再建を行うことを推奨している病院もあります。一緒に手術をしたほうがより体への負担軽減につながります。もしも乳がんの手術を受けることになった際には、乳房再建についての相談ができる病院かどうか確かめましょう。

乳房再建、最近の動き

乳房再建は2013年に人工乳房の製品の承認が下り、ついに保険適用となりました。この保険適用の動きにより今まで以上に人工乳房のインプラント手術が受けやすくなり、乳房切除で悩む女性たちへの希望になっています。乳房再建にはほかにもたくさんの治療法があります。乳房再建には乳腺外科医や癌治療医が関わり判断を下します。近年、これらの専門がことなる医師同士が連携を強め、患者にとって負担が少なく、納得のいく手術を行うことを目指す動きが増えています。たしかに今はまだ一部に保険適用が認められただけで、今なお特殊な手術方法になると保険適用外となることも多くあります。しかし乳房再建は乳がん手術により胸を失うことになった女性にとっての希望であり、医師たちもその気持ちに応えるために様々な取り組みを行っています。費用の面でも手術内容の面でもこれらから先さらに手術を受けやすい環境が整っていくことでしょう。